こぎん刺しと北欧刺繍
b0086494_17482320.jpg7/15からミニギャラリーにて「こぎん刺しと北欧刺繍」が始まります。

こぎん刺しは青森県津軽に伝わる刺し子の技法のひとつで、麻布に白い木綿糸で刺していきます。
その緻密な刺繍はまるで織物のよう。

もともとこの地方では綿の栽培ができなかったため、手軽に綿製品を使えませんでした。
でも麻は繊維が荒く、津軽地方の冬の寒さを防ぐことができません。
そこで木綿の糸で麻布に刺繍をして、暖かい空気を服の中に留めるようにしたのです。

その装飾の美しさから、柳宗悦らの民藝運動で再評価された「こぎん刺し」。
今回の展示では、模様のどこか似た北欧の刺繍も合わせて展示販売しています。



b0086494_17561840.jpg

くるみボタン。
色とりどりで、まるで北欧の民芸のよう。
小/525円
中/730円
大/840円

b0086494_17562865.jpg






ポーチや小銭入れ、はんこ入れなど小物類もたくさんあります。

b0086494_17582634.jpg









スウェーデンのツヴィスト刺繍のタペストリーやラグも販売します。


*商品のお問い合わせはプチマルシェまでどうぞ。
by petit_marche | 2009-07-13 17:59 | イベント・展示会
<< カメダビルまつり/ワークショップ1 お知らせ >>



長野県伊那市、ヨーロッパの郷土料理 予約制レストランと西洋民芸「le petit marche」(プチマルシェ)、1棟貸し切りコテージ「山小屋mokki」
by petit_marche
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31