山菜狩り
b0086494_13445818.jpg標高の高めのところへ行けば、まだまだ春の山菜も採れます。
昨日はワラビを摘んだついでに、キノコやかご編み用の葛を採ってきました。
しかしキノコの存在というのは不思議です。
落ち葉や植物の中にひょっこり顔を出すオレンジ色のキノコ。まるで宇宙人が立っているような異様な存在感です。

小さい頃、傷の付いた箇所が緑色に変色するキノコをたくさん採ってきて家で食べたのですが、すごい勇気だったと思います。
昨日もいくつか採ってきて、キノコ事典で調べ、毒性がない事は分かったのですが、やはり恐ろしくて食べられませんでした。
キノコを食べるには知識と勇気が必要です。

写真はラトヴィアの民芸品市で売られていた陶器のキノコ。
by petit_marche | 2009-07-22 13:51 | 日記
<< エスパドリーユ、コサージュなど アンティーク家具 >>



長野県伊那市、ヨーロッパの郷土料理 予約制レストランと西洋民芸「le petit marche」(プチマルシェ)、1棟貸し切りコテージ「山小屋mokki」
by petit_marche
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31