東欧のイースターエッグ
b0086494_2014273.jpgドイツ・ポーランド・チェコ・ウクライナ・ルーマニア・・東欧5カ国、18地域、22種類の伝統的なイースターエッグの展示・販売が6/7より始まります。

イースター(キリスト教の復活祭)の日の大切な飾りとして東欧各地の村々で作られるイースターエッグは、ろうけつ染め、レース編み、切り絵、エッチング、刺繍模様、ビーズや陶器など様々な装飾方法で彩られ、各地域、村々の民芸文化の結晶です。
今回展示するものは素朴で可愛らしいものから、1つ作るのに3日を要する複雑なデザインのものまで、すべて職人の手仕事が感じられるものばかりです。
きっといままで見たことのない、美しく神秘的なイースターエッグの世界がひろがります。


2011.6.7(火)~6.29(水) 東欧イースターエッグの世界展

by petit_marche | 2011-06-05 20:05 | イベント・展示会
<< イースターエッグ展始まりました。 ポーランドのもこもこ羊 >>



長野県伊那市、ヨーロッパの郷土料理 予約制レストランと西洋民芸「le petit marche」(プチマルシェ)、1棟貸し切りコテージ「山小屋mokki」
by petit_marche
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31