無くなっていくもの
b0086494_1443497.jpg先日、東京へ行って参りました。相方の松尾に連れていってもらった民芸品屋で大興奮して買い物しまくりでした。やっぱり民芸品はその国ごとの特色があって面白いです。
2日目の朝は阿佐ヶ谷の「ベーグル」でパンを買って近くの川でお花見してきました。その途中にあった廃墟寸前の阿佐ヶ谷住宅に釘付けに!まるで東欧かロシアの住宅のような寂れ具合。共同の庭も良い具合に草花が自生しています。
「住みたい!」と思ったのですが、どうやら取り壊しが決まっているとのこと。まったく無念です。こういった建物がどんどん街から消えていくのは寂しいことです。

通販に「旅のコラージュ」でも紹介したバルト3国雑貨とベレスタ、ロシア雑貨をアップしました。
by petit_marche | 2007-04-05 14:15 | 日記
<< リトルプレス Hutteの世界 「フリぺの楽しみ」 >>



長野県伊那市、ヨーロッパの郷土料理 予約制レストランと西洋民芸「le petit marche」(プチマルシェ)、1棟貸し切りコテージ「山小屋mokki」
by petit_marche
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31