<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
「花で飾る」
b0086494_18213769.jpg
染め花Horry 花で飾る
2008.3.27(wed)-4.6(sun)


空間を飾る 身につけて飾る
少しやさしい気持ちになれる花たちです。

******************************************
1日教室のお知らせ
“シロツメクサのブローチ"

日時 3/30(sun)/31(mon)満席
時間 13:00-15:00
参加費 3,000円
定員6名様(1回につき)

ご予約はメール、お電話(052-783-1991)にて承ります。
******************************************

 ◆染め花Horry 名古屋市東区東桜1-2-25 野々山ビル5E
         TEL 052-972-6067

当店でも取り扱いのあるNARUJiのコサージュの先生でもある矢野さんの展示です。
ふだんは東区でお教室をされています。
アクセサリーとして、部屋の飾りとして楽しめる繊細で大人な雰囲気のコサージュです。
by petit_marche | 2008-02-29 18:28 | イベント・展示会
東京旅行
b0086494_17202080.jpg先日、「東京旅行」の取材で西荻のタイ料理屋へ行ってきました。
タイ人の女性と日本人女性が2人で営んでいるお店で、料理の味もさることながら、店内もまるでタイの屋台のよう。異国気分を満喫して参りました。
中でもひときわ異国を感じたのは、トイレのドアを開けた時に広がるこの風景。
何故か色とりどりのドアがずらりと並ぶ風景に動揺しつつ、よくドアをみると1つ1つに店の名前が書いてあるのです。
なーんと、この雑居ビルの集合郵便受けならぬ、集合トイレだったのです。
何だか昭和30年代から時が止まっているかのよう。
どこでもドアみたいにタイムスリップした一瞬でした。
by petit_marche | 2008-02-29 17:21 | 日記
小野友美 油彩画展
2008.3.13(Thu)-3.24(Mon)
小野友美 stereo
b0086494_16465740.jpg


「花や鳥や音楽や
自分の考えてることとか
他の人の考えてることとか
いろんなものが夜になって
滲み出てきて
混ざり合って
また自分の中に戻ってくるような絵です」

小野さんはプチマルシェが栄にあったころ、スタッフとして働いていてくれた女の子です。
いつも不思議に古着を着こなし、ぽわ〜〜〜んと異星人のように存在していました。
そんな彼女の展覧会です。

  (*最終日は17:00まで)
by petit_marche | 2008-02-25 16:50 | イベント・展示会
Bookmark NagoyaーNARUJiの布の本ー
b0086494_16323881.jpgアクセサリー作家NARUJiが作ったのは布製の本。なーんとアクセサリーを収納するための本なのです。全て手縫いなのだそう。
クッションが効いているから、繊細なアクセサリーを入れても安心。
ブローチを留めたり、ネックレスをぶら下げたりと、自分でページを描いていく気持ちで収納を楽しめそうです。
by petit_marche | 2008-02-25 16:41 | 日記
couleurのブックカバー
b0086494_1434034.jpgcouleurの出品作品は、絵画のようなブックカバー。蟻んこが砂糖に群がっていたり、女の子がおやつを食べていたりとストーリー性があって楽しいものばかりです。
couleurの成瀬さんは、ほかにイラストレーターとして仕事をしていたり、自身の洋服ブランドatelier naruseのデザイナーでもあるという、天が二物も三物も与えてしまったような才色兼備な女性なのです。

atelier naruseのお洋服はプチマルシェでも通販しています。
by petit_marche | 2008-02-24 14:53 | イベント・展示会
umlooのアクセサリー
b0086494_161229100.jpg今展示のumlooの作品はフランス語の古い本の一部を樹脂で閉じ込めたアクセサリーたち。「本を身につける」をテーマに作ったのだそうです。展示開始後、すぐに完売してしまいましたが、また追加で入荷しています。
umlooさんには今年の秋にプチマルシェでの展示会が待っています。どんな展示になるか楽しみです。

その他のumlooの作品はこちらからどうぞ。
by petit_marche | 2008-02-23 17:08 | 日記
文庫本サイズのポケット
b0086494_15134036.jpg展示中のKOKO design officeの作品は文庫本サイズのポケットが付いたジャケット、その名も「Book jacket」。マチも付いていて、両ポケットに文庫本がすっぽりきれいに収まります。
読書好きさんが通勤や通学するのに重宝しそうです。
そして、お買い上げいただいた方にはKOKO design officeから文庫本のプレゼントが。
どんな本かは開けてからのお楽しみ。

ジャケットの色はほかにベージュとストライプがあります。
by petit_marche | 2008-02-23 15:31 | 日記
『雑貨づくりの楽しみ』
b0086494_15344166.jpgPIE BOOKSから発売された柳沢小実さん著の『雑貨づくりの楽しみ』に、いまプチマルシェで展示中の作家さん方がたくさん載っています。
私もles deuxとして旅に持っていく雑貨なんぞを作りました。
その時に作った貴重品を入れる腹巻きは、来月の買い付けに使う予定。海外でやたらパスポートや航空券を無くす私には必需品です。(付けてても無くすけど。)
by petit_marche | 2008-02-21 15:42 | 日記
moss* フクロウの袋
b0086494_13243471.jpgBookmark Nagoyaでのmoss*石澤敬子さんの作品。
オリジナルのフクロウ模様の記事で作った袋の中には、お揃いの記事のブックカバーとアイマスクが入っています。題して「フクロウの袋」。
フクロウは、森の哲学者とも言われていて、知恵、芸術、信頼のシンボル。
読書というテーマにぴったりの作品です。

最近は帰宅しても寝るまで仕事しているので、ゆっくり読書する余裕がありません。
そのせいか脳細胞が減っているようで、自分の年齢や昨日の夕ご飯を思い出せなくなってきたので、ネットで脳年齢をチェックしたら44歳でした。
わたしの脳機能が停止するまでの年数は35 年だそうです。意外とまだ大丈夫そうです。
by petit_marche | 2008-02-16 14:11 | イベント・展示会
三州足助屋敷
b0086494_050985.jpg先日、東海ウォーカーの仕事で足助に行ってきました。
足助では今おひなさま祭りの真っ最中。このあたりでは昔からおひなさまを家の外に向けて飾っていたそうで、2/3-3/3までの間、街行く人々はよそ様のおひなさまを見学することができます。
おひなさま見学をさることながら、昔ながらの生活を再現した 三州足助屋敷には大感激!
わらぞうりを作る人、機を織る人、桶を直す人、いろいろな職人さんたちが働いていて、作る様子を見せてくれます。外国人を連れて、また遊びに行きたいです。
その時の様子は今月末の東海ウォーカーに紹介されます。ぜひともご覧いただきたいです。
by petit_marche | 2008-02-15 01:00 | 日記



長野県伊那市、ヨーロッパの郷土料理 予約制レストランと西洋民芸「le petit marche」(プチマルシェ)、1棟貸し切りコテージ「山小屋mokki」
by petit_marche