<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今年の営業始まります。
b0086494_216317.jpg今年の冬は、例年よりかなり雪が多く、最近になってようやく春を感じるようになってきました。
フキノトウも顔を出し、水仙の芽も出てきました。
同じ伊那市でも、街の方とは1ヶ月ほど遅れて春はやってくるようです。

さて、4/1からプチマルシェ、山小屋mokkiともに営業が始まります。
高遠の桜、今年の開花予想は4/2〜5とのこと。満開は4/7〜10。
今年は早く咲きそうです。
高遠城址公園までは、プチマルシェから車で15分ほど。
お食事の帰りに是非寄ってみてください。
by petit_marche | 2013-03-31 02:23 | 料理
じぶこん×虹の戦士語りLIVE
b0086494_7552230.jpg2013.4.27sat

じぶこん×虹の戦士語りLIVE

開場17:00〜/開演18:00〜 

大人3,800円
中学生2,800円
小学生900円

食事バイキング込・ドリンク別
  
要予約(限定25名)

《要予約/問合せ》le petit marche



『じぶこん』
ディジュリドゥを吹き唄う裕子と, ディジュリドゥを吹きフラメンコギターでリズムを刻む辻。
二人の絡まるグルーヴとサウンドで織りなす音楽。


『虹の戦士』
【戦士】それは【愛の人】【守る人】【創造主の遣い】という意味。
 Byケネッチ(インディアン・クリー族)

この現代社会の中で、私達は本当に・・・
何かを得て、同時に何かを忘れてきたのでしょうか?
この物語はインディアンに古くから伝わる物語で
1991年に北山耕平さんにより翻訳されました。
もともと「スピリットの帰還」と訳されたこの物語は
カナダ最大の先住民族クリーの国にかつて居た、
「火の瞳(アイズ・オブ・ザ・ファイヤー)」と呼ばれる老婆が残した予言。
現代を生きる一人の少年が、自分の中に眠る『何か』の存在に気付き、探す旅。
現代に『諦め』さえも見ていた老婆と共に・・・

by petit_marche | 2013-03-17 08:02 | 日記
mokki キッチン周辺
b0086494_20144979.jpg山小屋mokkiの改装もだいぶ進みました。
キッチンストーブの脇には一枚板の作業台とシンクを。
この立派な板はもともとテーブルだったもの。要らなくなったので、表面を削りシンクをはめ込んで使う事にしました。
食器棚も夫のお手製。こちらもいただいた廃材で作りました。
仕上げに、我が家でハチミツを採った時にできた副産物の蜜蝋と菜種油を混ぜて作った蜜蝋ワックスを塗りました。
風合いも滑らかになり撥水もする素晴らしいワックスです。
残念ながら養蜂箱をクマに荒らされてしまい、ミツバチ君達は逃げてしまいましたが、また分蜂してもらい飼いたいと思っています。
by petit_marche | 2013-03-11 20:21 | 山小屋mokki
ハチミツランチとハチミツ食べ比べ
b0086494_1957349.jpgWildtreeの移転オープンイベントで作らせていただいたハチミツランチには、定員の倍近くのお客様に来ていただき、賑やかに楽しく終了しました。
今回のメインプレートはシュークルート。
自家製の寒玉ザワークラウトと、我が家で採れたハーブを使ったソーセージを使い、粒マスタードとうちで採蜜した日本ミツバチの百花蜜も一緒に煮込みました。
マスタードはハチミツとの相性がぴったり!みなさんのほくほくした笑顔が嬉しかったです。

食事とともに、いろいろなハチミツの食べ比べもしました。
興味深かったのは、伊那谷の赤蕎麦のハチミツと、隣村の日本ミツバチの百花蜜。
我が家は少し白っぽい琥珀色なのに、その百花蜜は赤茶色。味も全く違います。
周りに生息している植物で、こんなに味も色も違うものかと感動しました。
by petit_marche | 2013-03-11 20:07 | イベント・展示会



長野県伊那市、ヨーロッパの郷土料理 予約制レストランと西洋民芸「le petit marche」(プチマルシェ)、1棟貸し切りコテージ「山小屋mokki」
by petit_marche
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31